首ったけ

首ったけの意味

♥夢中♥

首ったけの解説

 首丈=足から首まで、はまり込んでいる、つまり夢中になっているという意。特に恋慕のニュアンスを引き出す際に使われることが多く、「私は〇〇〇に首ったけだ」が定型文みたいなもの。

 しかし自分の趣味や所持物にとても夢中、というように人でなく物事を対象にしても当然文章は成り立つので、さほど扱いの難しい語ではなさそうです。

首ったけの例文

【千栄】「えっへ、私髪差くんに首ったけ~♥」

【結晶姫】「唐突に私の殺意を煽るんじゃない」

【竜闘】「最近の俺も、髪差に首ったけになっている気がするな……」

【結晶姫】「……云いたいことは、何だ、深い意味はないってこと含めて分かるんだが頼むから君はやめてくれ」

【夏鳴】「私、髪差さんにも竜闘さんにも結晶姫さん達にも首ったけです~☀」

【結晶姫】「語源考えたら怖いぞ、君の首丈いくつあるんだ……?」