碧落一洗の解説

 「碧落」は東方の天、転じて青空のことで、「一洗」は洗い去ること。雨で汚れを洗われたかのような、綺麗さっぱりした晴天を表す爽快な四字熟語です。事件解決後の朝の空に使ってみてはどうでしょうか。

碧落一洗の例文

【金嶺】「夏鳴誘拐事件もすっかり解決して、碧落一洗の気分だ――って云いたかったのに空思いっ切り澱んでるじゃん!!」

【千栄】「いや知らないし。冷静に考えてみてって金嶺っち。私たちのことなんてお天道様はしったこっちゃないんだよ、何にも連動なんてしてないんだよ」

【金嶺】「余すことなく風流を壊しやがってこのギャルめ」

【天】「大変だー! 世橋さんが拉致られたー!!」

【金嶺】「ハッ、また!?」

【千栄】「連動してんじゃん!! お天道様分かってたー!!」