泡沫夢幻の解説

 「泡沫」は水の泡。「夢幻」は夢や幻(そのまんま!)。これらはあっという間に姿を消しますが、人生も実際そんな感じですよねっていう意味の四字熟語です。人生の儚さとか切なさとか感じたときはコレが使えます。

泡沫夢幻の例文

【千栄】「プレフォウが壊れた……0.5テラ分のデータが全部パー……」

【竜闘】「それは何と云うか、ドンマイ……」

【千栄】「はは……気付けば皆、消えていく……この世は泡沫夢幻の理だよ……」

【竜闘】「変な悟り開きだしたな……」

【結晶姫】「そいつが剃髪しようが首を吊ろうがどうでもいいな」

【夏鳴】「……泡沫夢幻……そうですね、本当に皆、私の前から、パッと消えちゃいました……お父さんも、お母さんも、お姉ちゃん達も――」

【結晶姫】「ふんっ(←殴る)」

【气生】「てやっ(←殴る)」

【千栄】「ぐはっ!? ちょ、何!? 私が何したっていうの!?」

【竜闘】「夏鳴!? どうした夏鳴!? えっと、ちょ、ちょっとジュースでも買いに行こうか! 俺が奢るから、な!?」