良禽択木の解説

 「良禽」はかしこい鳥で、かしこい鳥さんは住みやすい木を見つけて巣を作りますよってことから、優秀な人物は仕える相手もしっかり選ぶものだという意味を持ちます。しかしダメ君主に仕える超絶優秀な猛者っていうのも結構魅力的ではありますね。

良禽択木の例文

【楪】「良禽択木……優秀な鳥は、優秀な住処を作る環境を判断する。お前には、その判断力がある」

【髪差】「お前達の仲間になれと?」

【楪】「此処なら、お前の力を、お前の可能性を存分に引き出せる。少なくとも、学園教師という拘束だらけの場所で、決して主役にもなれない今のお前の立場よりかは遙かにな。お前はそれを、理解しているはずだ。そして今のお前の翼はもう癒えている……何処へだって行けるし、住むことだってできることを、理解しているはずだ」

【髪差】「……それでも、俺が択んだのは、夏鳴なんだ」

【楪】「あの脆く儚い女子が、お前を活かしきる君主たりえると?」

【髪差】「過大評価だよ水城。そもそも、俺には翼なんてない。俺には……何も、無かった筈なんだ」

【楪】「…………」

【髪差】「――俺には、夏鳴しかないんだ」