荷衣蕙帯の解説

 「荷衣」も「蕙帯」も共に植物をそのまま使ったようなナチュラルな衣服で、賢者・隠者さん専用の装備らしいです。隠者というのは、世俗に左右されない環境で生活している人のことです。

 正直日常の中では滅多に使えないですが、尊敬する人とかがヤケに勝負服決め込んでたら「今日すっごい荷衣蕙帯ですね!」みたいなこと云ってあげればいいと思います(テキトウ)。

荷衣蕙帯の例文

【金嶺】「どうしてあんな危険人物が、このタイミングでこの大陸に……」

【夏鳴】「金嶺ちゃん? 志穂さんのこと、何か知ってるんですか?」

【金嶺】「井澤謙一っていう人は夏鳴でも知ってるでしょ? 井澤謙一は世界最凶の学園を実質的に統べる、神聖な学生……秋山志穂はその彼の覇道を全面的にバックアップしてきた技術開発の俊才。その重役は、井澤謙一における荷衣蕙帯、といっていいほどに連中の“常識”……」

【夏鳴】「なるほど……つまり、志穂さんの居ない今の井澤謙一さんは全裸もしくは半裸といっていいんですね……」

【金嶺】「夏鳴、今真剣な話してるから」